風俗にも色々ありますけど、その中でも最近オナクラの求人に注目が集まっているそうですよ。不景気の時代に手軽に稼げそうで、なおかつ誰でもできそうなハードルの低さとリスクがあまりないというイメージが、関心の理由になっているみたいです。
注目以前にそんな求人見たことないけどなーと首をかしげつつ、ネットで試しに探してみたら、思いのほかたくさんヒットしてますます疑問を深めることになりました。結論としてはどうやら専用の求人サイトでのみ取り扱いがあって、ちゃんとしたワードで調べないと検索にも上がってこないという、納得できるわけがあったのですが。
そこでどうせデリヘルやホテヘルと似たようなものだろうという、オナクラについての認識を深めることができましたよ。名前違いの同じサービスだと思っていたんですけど、そんなこともなかったようです。
とにかく求人とともに詳しいシステムの説明が見られるのは、とても親切なことだと思いました。案外求人募集を見て、応募する側の女の子の方に知識がないってことありますもんね。自分から利用するわけではないから、当たり前といえばそうなんですけど、仕事をするにあたっては知っておいた方がいい情報だと感じます。

風俗に来る男性は女性に何を求めているのだろうか?
もちろん性的なサービスを求めている事は間違いありません。でも、それだけではありません。
次の体験談は、風俗に通うある男性の話です。

「女性とのコミュニケーションを苦手としている私にとって、性風俗で働いている女性は、構えることなく話せる数少ない貴重な存在です。お客とお店の人という立場である事もあり、余計なことを考えずに済むからかもしれません。職場に居る同僚や後輩と同じく、女性である事は変わりないのに、なぜか話しやすいんですよね。
この前は普段女性とは絶対にしない、恋愛についての話題ですごく盛り上がりました。これまで付き合った人の数とか、好みのタイプとか、本番の行為に至る前の簡単なコミュニケーションのつもりでした会話でしたが、興味深いこともいっぱいで楽しめました。
性風俗系のお店で働いている女性から、てっきり恋愛経験も豊富な人なのかと思ったら、仕事じゃない恋愛には奥手で、好きな人には好きと言えないというのにすごく共感を覚えましたね。好きな人にストレートに告白するためには何が必要か、思わず二人して真剣に考え込んでしまったりして、危うくムードを失う所でした。ちなみに子供の頃の初恋の人には、告白できずにここまで来てしまったとのことで、実は拗らせ女子なのだとは本人の談です。
彼女にはその他にも女性が喜ぶプレゼントや言葉などを教えてもらったりして、いい勉強をさせてもらいました。女性と上手く話せない私にとって風俗店で出会う女性は、等身大の女性の姿を教えてくれる貴重な存在です。」

いかがでしょうか?
この男性のように女性に性的なサービスだけを求めているわけではなく、
“気兼ねなく話せる普通の異性”の部分を求めている男性は少なくありません。
小手先だけのテクニックだけでは満足させる事はできませんし、次にも繋がらないという事がおわかりいただけたのではないでしょうか。

出張風俗で一番ドキドキするのは風俗嬢との顔合わせの瞬間です。

ラブホのドアをノックする音に一瞬緊張が走ります。

ここ数回は無事希望通りの女の子が来てくれたので何とか楽しむことができていますが、年間通して遊んでいるとやっぱりツキが無い日ってあるものです。

春先デリヘルで出会った人妻はそんな風俗嬢、正直トラウマになりそうなほど未だに残像が残っています。

指名無しで入った某デリヘル店でしたが、来たのは希望より遥かにポッチャリした女性でした。

その数週間前に利用したお店だったのでちょっとばかり油断しましたか。

顔も好みではありませんでしたが、丁度その日は時間の余裕が無い日、ただ無性に風俗に行きたくなって用事の合間に行ったのが災いしたんでしょう。

「ふとっ!」口には出しませんでしたが心の中で呟きました。

どうか着膨れするタイプであって欲しい、そう願いました。

シャワーを浴びようとした彼女、チャーシューのように下着が食い込んでいます。

期待とは裏腹に彼女は着痩せするタイプ、尚NGです。

しかもやたらと馴れ馴れしい口調でいろいろ話し掛けてきます。

可愛い娘なら大歓迎ですが、太ってる上に舌足らず、あるお笑い芸人に段々イメージが被ってきます。

彼女がバスルームに入っている間、寝室で待つぼくは自問自答を繰り返しました。

この娘と遊べるのか?この娘で満足か?オマエ起つか?

数分間の葛藤の末、ぼくはお金だけ払って帰りました。

やっぱり無理なものは無理、それが結論でした。

なぜ着いた時にキャンセルしなかったのか?そう思いますよね。

期待とあまりに違う娘が来ると言葉が出て来ないもんなんですね。

久しぶりに絶句という言葉がぴったりの女の子でした。

gberwerewt

子供が生後3ヵ月のときから、離乳した1歳少し前までの8ヶ月間、
私は、たった8ヶ月間で300万近いお金を稼いでしまいました。

2年前の、そのお話を少々・・・
私は未婚の母、シングルマザーです。
年齢は21歳で、子供の父親は今17歳の高校生でした。
お互い、同意の上でのお付き合い、そしてセックスの結果、恵まれた命。
まだ結婚できない子供の父親を頼るなんて、最初から微塵も考えていませんでした。

その堂々とした決断には、ある知りえていた事情があったのです。
私は、妊娠をする前から風俗で仕事をしていた経験があります。
そこで何気なく耳にしていた母乳風俗の存在が、私を未婚の母という決断に導いたのです。

この風俗は、母乳の出る産後間もない女性だけが働ける風俗店です。
母乳の出ない女性なら、普通にデリヘルでしか働けません。
そして給料も、期間限定の特別な風俗嬢と言うこともあって、普通のデリヘルで働くより割高(笑)

おかげで、私も余ってしまうほど母乳が出ていたこともあり、この8ヶ月間で300万円近い給料を稼いでしまいました。
子供を保育園に預け、私は母乳専門の風俗嬢としてお仕事。
子供には苦労させたくないので、稼げるときに一気に稼いだのです。

来年、子供の父親が20歳になったら、私たちは入籍する予定になっています。

egfwerqwewrwett

1週間前、私は信じられないほどのお給料を受け取りました。
お昼3時からバイトをスタートし、夜の9時前にはバイト終了。

バイト代は日払いなので、その日の最後に手渡して受け取りました。
たった6時間のバイトなのに、受け取った封筒はやけに分厚く感じました。

千円札ばかり10枚くらい入っているのかな?
そう思って封筒を開けてみると、中には驚きに金額が!
1万円札が5枚、千円札が8枚、合計5万8千円が入っていたのです。

私がバイトをしたお店は、たまたま見つけた風俗求人で募集を出していた風俗店でした。
面接の当日からバイトができる嬉しいシステムのお店。
自分の好きな時間に働けるのも便利なところです。

1日で5万円以上を稼いでしまうので、週1のバイトでもOKとのこと。
毎日バイトをしている風俗嬢もいますが、私は週1でじゅうぶん過ぎるのです。

風俗というエロいバイトが存在することは知っていましたが、
実際に働いてみると、私のイメージとは全く違っていました。

清潔感のあるお店。
そしてお客様も、街で普通に見かけそうな20代から30代の男性ばかり。
中にはイケメンもいるのでラッキー(笑)

私は来週からも、週1で土曜日だけバイトをする予定になっています!

◇PR◇
風俗求人 OVER30